代表あいさつ

初めての方へBG
お菓子のおいしさは包装で決まる!

お菓子を包むことは、ときに命に関わるとても責任のある大切な仕事です!

wrapped とは

どんな有名パティシエが、どんなにいい材料で
どれほど素晴らしい技術でお菓子を作っても

最後に包み方を間違えると
お菓子がまずくなったり
傷んだり、最悪、食中毒で人が亡くなります


そう、お菓子を作ることだけでなく
お菓子を包むことは、
とっても責任のある大切な仕事なのです!

近年、インターネットの普及や許可付きレンタルキッチンが増えたことで
お店で働いたことがない人でもお菓子を製造販売しやすくなりました

お菓子をおいしく作る技術は、すぐに沢山の情報が手に入ります

しかしこれまで「安全に気を配ったお菓子のおいしさを保つための包装のテクニック」は
大学でも、専門学校でも、お菓子教室でも
ラッピング教室でも学ぶことができませんでした

 

そう、これまで、正しい包み方や売り方を身に付けるには
お菓子屋さんで働いて何年も修行するしかなかったのです

「お菓子のおいしさを保つ包装のお店テク」を
お店で働かなくても身につけられるようになって欲しい!

そして、お菓子の製造販売がもっと楽しく、もっと安全に広まって
お菓子業界がさらに活気づいて欲しい!

私はそんな想いでお菓子専門ラッピングスクール、wrapped(ラップト)を開講しました

ヴァンドゥーズ(販売員)として、お菓子屋さんで7年間毎日お菓子を包んだ現場経験をもとに

「お菓子をおいしく安全に保つ包装のお店テク」をお伝えし、

あなたのお菓子が「売れるお菓子」に変わる
お手伝いをさせて頂けたら嬉しいです

株式会社wrapped

代表取締役 内野 未紗

_WRA2096

内野 未紗 プロフィール

1986年 東京都生まれ

製菓衛生師
日本菓子専門学校卒業後ヴァンドゥーズ(販売員)としてラ・テールとノリエットにて

洋菓子・パン・フランス菓子等の販売を担当
社内異動や催事を多数経験し、7年間で約10店舗に勤務して毎日お菓子を包む
その後、脊柱側弯症の治療のため背骨に金属を16本入れる手術を受け1年間療養

洋菓子・料理研究家の信太康代氏のアシスタントとして仕事復帰
約2年間、お菓子・料理教室や出版時の撮影などの補助の仕事をする

「お菓子のおいしさは包装で決まる」という考えを広めるため
東京・世田谷区でお菓子専門ラッピングスクールwrapped(ラップト)を2018年6月に開業

日本初の「お菓子のおいしさを保つ包装」の正しい知識が身につけられる
スクールとして1年に延べ550名の生徒が全国から集まる

2022年3月 株式会社wrapped 設立